自分を変えるには…自分を変えるとは、自分を変えないこと。

こんにちは、Hikoです。

 

自分を変えたい、自分を変えよう、自分を変えなきゃ。

 

今、何かに行き詰まっていたり、人生の節目を迎えていると感じている時には、『自分を変える』ということを意識していることもあると思います。

 

自分を変える、というのは言葉で見ると新しい価値観を取り入れたり、新しいことに挑戦したり、今までの自分を捨てていくことのように感じます。

 

確かにそういった側面・行動も重要かもしれませんが、もしかするともっと大切なヒントがあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

自分を変える、というのは変えようとすることではない

自分を変える、ということは向上する・うまくなる・できるようになる・一人でなんでもできるようになる・頼らなくなる、ということに意識が向きがちかもしれません。

 

もちろん何かができるようになったり、うまくなったり、上達することは素晴らしいことでしょう。

 

しかしながら、もし「それだけが」素晴らしいことだとすればどうでなるでしょうか。

常に向上、常になんでもできる、常にうまく、常に成功。

 

そんなこと、できるでしょうか。

もし仮にできるとしても、そんな人になりたいでしょうか。

 

失敗できない、うまくないと、笑わせないと、素晴らしくないと。

そんな風に気を張り続ける人生はとても苦しいかもしれません。

 

変える、よりも、戻る、を意識してみよう

自分を変えるように考えたとき、意識するのは『戻る』ということです。

 

できないことも、間違うことも、下手くそなところも、泣き虫なところも、ビビリなところも、怒りっぽいところも、一人が好きなところも、インドアなところも、アクティブなところも、熱いところも、冷たいところも、高慢なところも、わがままなところも。

 

今まで、「こんなんじゃダメだ!」と思って切り捨ててきた所を受け入れていくのです。

 

そんなところがあってもいいか。

そんなところがあるからこそ自分なのか。

 

「こんな自分じゃダメだ!」と思って変えようとすると、何が起こるでしょうか。

『自己否定』です。

 

自己否定してしまうのは良いのですが、自己否定からスタートして何かを始めようとすると頑張っても、頑張っても、いつまでたっても自分の全てを受け入れられず、嫌いで、否定する心が残り続けていきます。

 

自己否定からスタートしても、たどり着くところは自己否定になってしまうのです。

あるいは、終わりのないレースになってしまうでしょう。

 

いつも頑張って、いつもダメなところを隠して、いつも気を張る。

それが好きであればよいのですが、もし自分が目指す『変わる』というところがそうでないのであれば、『自分を受け入れる』という方向を考えるのが良いでしょう。

 

変わらなくても良い、ということを知る

物事に正解は無いのでしょう。

しかし、もし今「変わらなきゃ」「変わらなきゃ」「変われない」「変われない」と言って苦しすぎるのであれば、『変わらなくても良いんだ』ということを知るときかもしれません。

 

変わらなきゃならないから変わるのではなく、変わらなくてもいいと知った時に、大きく全てがひっくり返ったように変わっていきます。

 

変わらなくても、世界は優しい。

変わらなくても、全てある。

 

大丈夫。

 

それを知っていくことが『変わっていく』ということ。

 

何をすれば良いのか?

では具体的に、どうすれば「変わらなくてもいいんだ」ということを知れるのでしょうか。

 

やらなきゃ、と思っていたことをやめてみる

一つは、「やらなきゃ」「やらなきゃ」と思ってやっていたことをやめてみることです。

 

それは仕事を、家事を、生活を、ということよりも、もっと細かく、「気を遣いすぎること」「準備しすぎること」「頑張りすぎること」といった『過ぎる』ということです。

 

あれもやって、これもやって、すべてやって、という『頑張らなきゃ』という気持ち、『頑張らなきゃ受け入れてもらえない』『頑張らなきゃ認めてもらえない』という気持ちから行動していたことを少しづつ手放していきます。

 

最初は怖いかもしれませんが、自分のペースで少しづつ、少しづつ減らして、調整してみましょう。

 

変わろうとしなくてもいいよ、と声をかけていく

自分自身に「変わらなきゃ」という声をかけることはストイックさに繋がるかもしれませんが、同時に自己否定にも繋がることがあります。

 

頑張りたい、やりたい、こうしたい、という気持ちからの行動でなく否定的な気持ちからの『変化』はとても苦しいものです。

 

「無理に変わろうとしなくてもいいよ」

「そのままでもいいよ」

「生きているだけで素晴らしいよ」

「生きているだけで価値が在る存在だよ」

 

そんな言葉をかけてみましょう。

 

そもそも、「変わらなきゃ」という気持ちも「変わらなきゃ誰にも愛されない」「変わらなきゃ価値がないんだ」という思いからではないでしょうか。

 

でも、本当に自分がほしいのは、「変わらなくても、そのままでも、あなたがいるだけで嬉しいよ」「そこにいてくれるだけで幸せだよ」という言葉では無いでしょうか。

 

そんな『自分が本当に欲しかった言葉』をかけてあげましょう。

 

そして、その言葉は、真実なのです。

 

いろんな思い込みは、身近な人との関係がきっかけ

「変わらなきゃ」という気持ちは、「今の自分じゃダメだ」「このままじゃダメだ」という気持ち。

 

その気持ちは一体どこから始まったのでしょうか。

 

多くは、身近な人、親、兄弟、家族、親戚、友達、先生。

特に母親、父親でしょう。

 

お母さんに怒られてしまったこと。

お母さんをガッカリさせたこと。

 

お母さんを喜ばせられなくて。

お母さんを嬉しい気持ちにできなくて。

 

だから、だから、「変わらなきゃ」。

 

そう、思い込み始めたのです。

 

でも、お母さんは「ただガッカリしただけ。」「ただ暗い顔をしただけ。」なのです。

 

そこに、自分自身との価値は関係が無かったのです。

 

そのままの自分には価値がない、という思い込みをほぐしていく

全てが全て『お母さん』ではないかもしれません。

 

しかし多くの強迫観念、自己否定、自責の念の元には『お母さん』の存在が関わっています。

 

そのままの自分ではお母さんを喜ばせられない、幸せにできない、嬉しい気持ちにできない、ダメなんだ。

 

どこかのタイミングで、そう思い込んだのです。

 

人それぞれ違うので、いつ・どこでかは様々です。

 

しかし、自分の遠い記憶に『こびりついて離れない怖い思い』は無いでしょうか。

 

どうしても離れない、どうしても思い出してしまう『怖くて、悲しい思い出』。

 

叩かれた、押された、放り出された、捨てられた、泣かせてしまった、怒らせた、きつく言われた、怖かった。

その時のお母さんの行動は、愛情であったり、どうしようもない状況であったり、様々な背景があります。

 

そこを責めてもあまり意味がありません。

 

もちろん責めて、腹がたっても良いのです。

 

しかしそれ以上に、「自分が悲しかった」「自分が怖かった」「自分がダメだと思い込んだ」記憶を辿って、思い込みを逆転させていきましょう。

 

「もういいんだよ」

「もう大丈夫だよ」

「もうそのままでもいいんだよ」

「そばにいてくれるだけで幸せだよ」

 

その言葉が本当に自分に響いたとき。

「あぁ、自分は、そのままでよかったんだ」

「あぁ、自分は、ここにいるだけで人を喜ばせる存在なんだ」

 

そう、知ることができるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

「自分を変える」ということは、成長・変化・向上という部分もあることでしょう。

 

ですが、それだけでなく『自分の弱さ・弱点・至らない所・どうしても変えられない所・わがままさ・ダメさ・だらしなさ』を『受け入れていく』ということも含まれているのです。

 

そして、ダメな所・だらしなさは人を喜ばせます。

「ダメでかわいい」「短所があって話しやすい」。

 

そんな人を身近に感じたことはないでしょうか。

 

完璧じゃないから、魅力的。

ずっこけるから、親しみやすい。

 

抜けているところがあるから、そばにいたくなる。

だらしないところがあるから、リラックスできる。

 

冷たいところがあるから、距離感を保てていい。

インドアだから、落ち着ける。

 

そう、自分が「ダメだ」「変わらなきゃ」「変えなきゃ」と思って切り捨てようとしているところは、とてつもない『魅力』なのです。

 

だから、変わろうとしなくても大丈夫なのです。

 

赤ん坊を想像してみましょう。

 

赤ん坊は、ただ、そこにいるだけ。

 

でも、可愛くて、わがままで、嬉しくて、強くて、弱くて、素晴らしくて、愛おしくて。

 

ダメそうなところも、良さそうなところも、全てそのままで存在しています。

 

私達全ての人が、そうなのです。

 

「そこにいるだけで笑顔になる」

「そこにいるだけで落ち着く」

「そこにいるだけで幸せ」

 

そう信じて、そう知って、ようやく、「変わらなくても、素晴らしかった」ということが分かっていくのです。

 

そして、どれだけ素晴らしくても、失敗することもあるし、笑われることもあるし、注意させることもある。

 

それでも、その事実とは関係なく、あなたは『素晴らしい』のです。

 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 最近読み始めました。
    読んでいて母親との悲しい出来事思い出し寝詰まりを起こしていた心の深いところに風が吹き込みました。
    当方は生きづらさを感じていて心理学寄りのページをいろいろ読んでいます。貴殿のページにたどり着き励まされています。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です